電子錠なら鍵紛失の心配はなく安全な生活ができます

安全な暮らしは電子錠が作ってくれる~鍵紛失の対処法~

鍵紛失をしてしまった人は、空き巣被害を受ける可能性があります。被害を受けてからでは遅いので、今からできる防犯対策を教えます。

日本人はもっと防犯意識を高めるべき!

鍵紛失したけども大丈夫と思っていた(50代/男性)

鍵紛失をしてしまい、その鍵を利用されて空き巣に入られた。家には特に盗むものがなく、5万円程盗まれただけだった。大した被害ではなかったので、とりあえず被害届を出して鍵交換をしました。

これは鍵紛失が原因で空き巣被害を受けたケースですが、被害者はそこまで被害を重く受け止めてはいないようです。日本では防犯対策の意識が薄く、自分の周りで犯罪が起こるとは考えていない人が増えています。大きな凶悪犯罪が少ない国で暮らしていると、安全と思い込んでしまうのです。過去の日本とイギリスの犯罪発生率を調べてみると、日本はイギリスよりも犯罪が少ないです。犯罪が発生しないことは決していいことだけではなく、犯罪に対して警戒しなくなります。ですから、被害が起きてからでは遅いので、常に防犯対策を意識して被害を未然に防ぐことが重要になります。

今後は電子錠がおすすめ~鍵紛失する心配なし~

防犯対策のために鍵交換を考えている人は、最新の電子錠と交換してみてください。電子錠には暗証番号を入力して解錠するタイプ、指紋認証で解錠するタイプなどがあります。鍵を持ち歩く必要がないため、鍵紛失をせず空き巣に悪用されることはないです。子供に鍵を持たせると、落としてしまうのではないかと不安な人も、電子錠なら問題ありません。オートロック機能がついていれば、自分で鍵を閉める必要はないですし、鍵の閉め忘れをなくせます。近くに買い物にいく際に、鍵を閉めないで出かける人が多いです。その僅かな時間があれば、空き巣は家に入り込んで帰ってくる前に家から逃げます。家族が安全に生活できるように、電子錠を取り付けて空き巣被害を防ぎましょう。

カードキーの場合は紛失に注意しましょう

カード

電子錠にはカードキータイプもあり、ピッキングや複製されて家に入られる可能性が低いため信頼できます。ですが、カードキーは軽くて小さいため紛失しやすいです。鍵を落とした場合、金属ですから重みや落ちたときの音で気づく人も多いです。ですが、カードキーは落としても音が小さく、気づかないまま通り過ぎてしまいます。この電子錠は、特殊ですから鍵屋によっては紛失しても開錠できない場合があるので、紛失しないように注意しないといけません。

ご自宅にぴったりの1つを見つけましょう

ドア

鍵紛失をせずに、安全な暮らしを守るためにも電子錠を取り付けることをおすすめします。ここでは、電子錠の種類を紹介しているので購入する際の参考にしてみてください。

電子錠は種類が豊富

  • 指紋認証による解錠する電子錠
  • 暗証番号を入力する電子錠
  • リモコン・ICカードを使用する電子錠
  • タッチキーを取り入れた電子錠
  • 非常時に解錠できる鍵付きの電子錠
  • 電話による解錠ができる電子錠

このように、様々な種類の電子錠があります。人によって使いやすいタイプもあれば、不便に感じるタイプもあるため、自分の生活に合った電子錠を選ぶことが大切です。家族と相談して、利用しやすく家の安全を維持できるものを見つけましょう。

TOPボタン